yumemurasaki.com

粟津 號  色紙

   

いつか自分の色紙には〈俳優 粟津號〉とのみ記したかった。それが本人の夢であった。

粟津の色紙は、いつも人気で定評があった。人生を重ねたひとのこころの襞にことばが重なっているのだろう。
勢いのある太字のなかに繊細がある。憶いだすに「花より葉が美しい」というようなものもあった。
あの色紙はいま、どこに飾られているのだろう。誰と想いをかわしているのだろう?

 

粟津號【色紙】28,000円
   
(粟津に関するチラシも。送料込) ご購入

 

*

急がねばならぬ……

俳優 粟津號は、そう言って
皆の前を恐ろしいほどの疾さで駆け抜けていった。
粟津號の54年の決して長いとはいえない人生には、
他人には計り知れないほどの多くのものが込められていたように思う。

エッセイ「俳優わざおぎがゆく」帯文より

俳優の笠智衆さんは、色紙にはいつも〈俳優 笠智衆〉と書きました。
  自らの信念だったのでしょう。粟津もまた「〈俳優 粟津號〉
としたいね」と。
記さないまま、旅立ってしまいましたが。

色紙はオリジナルのため、筆跡はそれぞれです。

………………………………………………………………………………………………………………………………

Index ご案内  粟津號【 色紙】【Book

船木倶子【 Book 】 特定商取引

Copyright(c) Yumemurasaki All Right Reserved.